ハグリッドの森番小屋/ FACT&THEORY
ハグリッドの森番小屋へようこそ。ここは小説:ハリーポッターシリーズの一般情報や第5巻『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(仮)』の真実を検証&紹介したいと思います。ここに書いてあることは、管理人madoitaがメディアなどを通じて独自に調査した、JKR本人が話していた内容に加え、海外メディアの「真実」とされているシリーズの情報今後の展開を掲載しています。また、Theoryでは海外ハリポタファンサイトや当サイトBBSに見られる、ファンによる今後のストーリーの考察などもあわせてご紹介します。

FACT(一般)
FACT(5巻)
THEORY(Book5)

FACT


本から分かる、シリーズの一般情報

  • ハリーのミドルネームは「ジェームス」。
  • ハグリッド、リリー、ジェームスはグリフィンドール出身(ハグリッドはハッフルパフの出身ではない)。
  • 結婚前のリリー名前はエヴァンス。
  • ホグワーツには約1000人の生徒がいる(ローリング氏がこのように証言)
  • ジェームス・ポッターはグリフィンドール・クィディッチチームのチェイサーだった。
  • ハーマイオニーの誕生日は9月19日、ロンは3月1日。
  • ジェームス・ポッターは多額のお金を相続していたが、給料のいい仕事についていたのでそのお金は必要なかった。
  • ジェームス・ポッターは透明マントを彼の父親から相続した。
  • 魔法使いと魔女はマグルより寿命が長い。
  • グリンコッツ銀行のゴブリンは銀行に入ってきたマグルのお金を流通に戻している。
  • ガリオンのおよその価値は約5ポンド(7ドル30セント、8ユーロ)。交換レートは変動する。
  • ダンブルドア校長は150歳、マクゴナガル先生は70歳。スネイプ先生は35歳か36歳。
  • とても幸福な人はゴーストにはならない。したがって、ゴーストになっている人は、悲しんだり怒ったりしている時に死んだ人たちといえる。マートルはからかわれていた、ほとんど首なしニックは頭を完全に切断されなかった 、血みどろ男爵は…孤独だった?
  • ホグワーツの先生はクリスマス休暇の間、ホグワーツにとどまらない。フィルチ、ハグリッド、ダンブルドア校長はとどまる。.
  • 岩の上の小屋内でハグリッドが作り出したダドリーの尻尾を取り除くために行ったのは開業医で、そこの従業員はとても「分別が」あり、「いぼ」は手におえない、と言った。
  • アラゴグはアクロマンチュラ。(『幻の動物とその生息地』参照)
  • アズカバンは北海の北の海の上にある。
  • 杖無しでも、焦点の合わない、抑制されていない魔法はかけられる(ハリーがマージおばさんを膨らませたときのように)。しかし、本当に良い魔法をかけるときには、杖が必要。


第5巻の真実

  • 5巻のタイトルは "Harry Potter and the Order of the Phoenix"
  • 5巻で、これまでにない新しいエリアに踏み込むことになる。そこは物理的に、これまでに行ったことも見たこともない魔法界のエリア。
  • 5巻は恐ろしくなるだろう。ハリーはこれまでに遭遇したことのないたくさんのことを発見する。
  • 5巻では(ハリーは)死とは何なのかをまさに考えなければならない。
  • ウィーズリー氏の車、アラゴグ、ドビー、ディメンターが再び登場するだろう。
  • 5巻は少なくとも4巻と同じぐらいの長さになる。38章ではないか。
  • 次回作でもダーズリー一家は登場する。そしてそこには、予想もしていない人たちとともにやってきた人がいる。
  • ハリーは母親と同じ色の目をしていること、そして母親の杖は呪文をかけるのに最適であることが、あらすじの中で非常に重要になる。
  • 子供向けBBCのインタビューの中でローリング氏は、インタビュアーのハリーはドラゴンをペットにするかどうか、という質問に答えて、「あなただってドラゴンを飼いならすことはできないでしょう。ハグリッドがどう思おうとね。まったく不可能なことです。だから答えはノー。ハリーはもっと常識があります。彼は将来違うペットを飼うかも知れませんね。でも今のところこれ以上は言えません。」とコメント。
  • 上と同じインタビューで、ハリーはこれまでにインターネットを使ったことがあるのか、という質問に答えて、「いいえ、ダーズリー夫妻は彼をダドリーのコンピューターの近くに行かせませんでした。ダドリーだけがコンピューターを持っています。 もし彼がキーボードに近づこうとしたら、ダーズリーたちは彼を たたきます。だから答えはノー。 私自身はコンピューターをよく使うけれど、ハリーは使いません。魔法使いはウェブに頼る必要は全くないんです。外の世界で何が起こっているかを知るもっといい方法を知っていますし、それはインターネットよりもっと楽しい方法だと私は思います。でもこの件に関しては、内密にしておかないと。」とコメント。
  • 何が正しいのか、何が簡単なのかの選択は、ハリーたちの最後の3年間のあらすじの柱になるだろう。
  • ダンブルドアが4巻の最後にふれたアラベラ・フィッグは、1巻でダーズリー一家がハリーを預けていたミセス・フィッグと全く同じ人物。
  • 新しい組み分け帽子の歌が聴けるだろう。
  • 5巻ではアラベラ・フィッグが登場するだろう。そして彼女の全てが分かるだろう。
  • ハリーの両親の職業があらすじの大部分を占めるだろう。
  • ハリーは5巻で「本当の」マッド-アイ ムーディーに会うだろう。
  • 何故ヴォルデモートがジェームズとリリーを殺したのかが分かるだろう。
  • リリー・ポッターについての非常に重大な何かが明らかにされるだろう。
  • 闇の魔術の防衛術の先生は女性だろう。
  • 5巻ではルーピン先生に会えるだろう。そう、私達は5巻で、過去に登場した多くの人物に会えるだろう。
  • 5巻ではジニーがさらに大きな役割を果たす。
  • 主な登場人物の1人で、ハリーの「ファン」の1人が死ぬだろう(ロンとハーマイオニーではないと思われる)。それは 「(ローリング氏が)書くのも恐ろしいような」死である。
  • ハリーはストーリーの中である質問をする。今までなぜこの質問をしなかったのか、ハッとするような質問。5巻でハリーはさらに自分が何者なのかを追及することになる。
  • ロンのいとこを当初4巻で登場させていたが、本を印刷する前にその部分をカットした。→5巻か6巻で登場するのではといううわさ
  • クィディッチチームにあっと驚くようなメンバーが加わる
  • ロンとハーマイオニーの間にあることが起こっている。しかし、ロンはまだそれに気がついていない。
  • 新しいグリフィンドールキーパーはロン・ウィーズリー。4/11New
  • ハリーはひどい夢をみる。場所は静かな廊下にある、あるドア。4/11New
  • マンダンガス・フレッチャーのようなキャラクターにたくさん遭遇するだろう。4/11New


参照サイト:Muggle Net



これより以下は、海外ポッタリアンによるストーリー考察(仮説)です。真実ではありません。=


THEORY
(Book5〜)


グリフィンドールの継承者
ハリーはゴドリック・グリフィンドールの継承者かも知れない。
  • ハリーがオリバンターの店で自分にぴったりの杖を見つけたとき、赤とゴールドの光を発した。これはグリフィンドールカラー。
  • ハリーの両親はゴドリックの谷に住んでいた。ゴドリックって?もちろんゴドリック・グリフィンドール!
  • 2巻の終わりに、ハリーは組み分け帽子の中から剣を取り出した。その剣の持ち手には「ゴドリック・グリフィンドール」と刻まれていた。後にダンブルドアは、「真のグリフィンドール生だけが、剣を取り出すことができる」と語っている。
  • ハリーの誕生日の7月31日は、占星術ではしし座にあたる。ライオンはグリフィンドール寮のマスコットである。

ハリーが訪れる新しい場所
JKRがオンラインチャットで語ったように、ハリーはこれまでに行ったことのない場所を訪れるだろう。可能性のあるのは以下の場所
  • 魔法省
  • アズカバン
  • (ハリーの両親が住んでいた)ゴドリックの谷
  • マルフォイの館
  • ボーバトン校
  • ダームストラング校

新しい闇の魔術の防衛術の先生
候補が2人挙がっているようです。また、JKR曰く、先生は女性。
  • アラベラ・フィッグ
    JKR曰く、読者は第5巻でアラベラ・フィッグの全てを知ることになるだろう、そしてこの巻で彼女はさらに大きな役割を果たすだろう。
  • フラー・デラクワー
    4巻の最後で、フラーはハリーに、ホグワーツで仕事が出来ればいいと思っていることを話している。新しい闇の魔術の防衛術の先生?他の科目の先生?それとも助手?

ハリーとハーマイオニー
4巻最後で頬にキス2巻映画ラストシーンでのハグ。
  • 4巻での2人
    4巻最後にハーマイオニーがハリーの頬にキスした。こんなことハーマイオニーは今までしたことがなかったのに…。これはJKRが描く未来の出来事の兆候かも。また、ハリーの頬に(ああいう形)でキスしたということは、ハリーにはいわゆる「興味がない」証拠だという意見も。ハーマイオニーは男の子を口説いたりするタイプでもない。おそらく彼女は、彼らの友情が心地よく安心していられたからキスしたのであって、ハリーがカン違いしないと分かっていたのかも知れない。
  • 2巻映画でのハグ

以前JKRがインタビューに答えた際、「2巻では鍵となることが2つ起きています。それがどんなに重要なことか誰もまだ知りません。この“鍵”は2巻の映画の中にも出てきたし、(2巻を執筆する際に)その手がかりに読者の注意が行き過ぎないようにしつつも、その鍵に気づくようにするか、ということがといかに難しいことかということも確かです」とコメント。

  1. 手がかり?1
    ハーマイオニーが保健室にいた時、ハリーは長い時間そこで過ごした。彼女のベッドのそばで彼女の手をやさしく撫でながら彼女を眺めていた。これは手がかり?
  2. 手がかり?2
    2巻映画のラストシーンでハーマイオニーは大広間を駆け抜け、ハリーに抱きついていた。それからロンの方を向き2人はハグしようとしたが、結局ぎこちなく後ろに下がり握手をしただけだった。


カップルについての私達(Muggle Net様)の解釈は、

  1. ハグというのは、JKRがハリーとハーマイオニーのロマンスをほのめかしていることを表している。
  2. ハーマイオニーはハリーに「友達としてのハグ」をしているがロンとハーマイオニーは尻込みしている。それはお互いに意識しているからで、だからこそ非常にぎこちなかったのである。

スネイプはヴァンパイア?
この仮説の根拠は以下の通りです。
  1. スネイプはほとんど外におらず、授業は暗い地下で行われる。唯一彼が外に出るのはクィディッチの試合の時。しかし、そのとき彼は日焼け止めクリームのような何かを肌に塗っているのかも知れない。
  2. クィレルはいつもガーリックのにおいを漂わせていた。スネイプを近づけないためなのか、それともただの過剰な被害妄想なのか。
  3. スネイプの描写は、やせていて土気色の皮膚、鍵鼻、ねっとりした肩まである髪の毛。これは典型的ヴァンパイアである。
  4. クィレルが漏れ鍋でハリーに会った時「バンパイアの本を買わなくてはいけない」といっていたのは、バンパイアであるスネイプを出し抜く方法を知るためなのか。
  5. フラッフィーに足をかまれた後、スネイプはなぜマダム・ポンフリーのところへ行かず、フィルチのところで手当てをしてもらっていたのか?ホグワーツの何人かの先生はスネイプの正体を知らないが、フィルチはなんらかのスネイプの事情を知っていたから、スネイプはフィルチのところへいったのではないか
  6. 3巻でルーピンがヴァンパイアのレポートを宿題に出した。これは彼がスネイプの正体を知っているから、狼人間のレポートを宿題に出したスネイプへのさりげない仕返しか。

The Order of the Phoenix
4巻最後でダンブルドアがシリウスに重要事項を知らせに行くように言われたメンバーは、マンダンガス・フレッチャー、アラベラ・フィッグなど古くからの仲間達だった。この「古くからの仲間」というのはヴォルデモートがかつて君臨していた時期に、結成されていた強力な魔法使いのグループのことではないだろうか。また、このグループは過去ではなく、「これから」すなわち5巻の最初に結成されるグループである、という意見もある。
  • グループ結成未来説の根拠:このOrder,(指令)は選ばれた魔法使い達のグループで、ヴォルデモートと戦うために組織されたグループ、すなわちそれがthe Order of the Phoenixである。しかしこれはまだ現存する組織ではない。それは第1巻4章にあるホグワーツからの手紙で明らかである。"Headmaster: ALBUS DUMBLEDORE (Order of Merlin, First Class, Grand Sorc., Chf. Warlock, Supreme Mugwump, International Confed. of Wizards)"この中にthe Order of the Phoenixの記載はない。よって今回のケースのように緊急時のための秘密のOrderである可能性がある。ちなみに、このグループのメンバーである可能性があるのは次の人物
    • マンダンガス・フレッチャー
    • アラスター・マッドアイ・ムディー
    • アラベラ・フィッグ
    • アルバス・ダンブルドア
    • シリウス・ブラック
    • リーマス・ルーピン
    • セブルス・スネイプ
    • ミネルバ・マクゴナガル
  • また、このグループの代表にはダンブルドアがなると予想しているようだが、その根拠は以下。
    • 彼はヴォルデモートが恐れる唯一の人物である
    • 彼はホグワーツの校長で、魔法界で最も安全な場所である
    • 多くの魔法使い達は、ダンブルドアがこれまでで最も偉大な魔法使いであると思っている
    • 「古い仲間達」をまとめ、指示することができる
    • "The Order of the PHOENIX"のThe "phoenix"はダンブルドアのペット、フォークスである可能性がある。"The Order of Dumbledore"よりは"The Order of the Phoenix" のほうが聞こえがよいから、この方がよいとダンブルドアが考えたのかも知れない。それに"The Order of Dumbledore"ではまるで、ダンブルドアが死んだ後、偉業を遂げた魔法使いが与えられる勲章のように聞こえるので、やめたのかも知れない。また"The Order of the Phoenix" はフォークスのようにもっと重要で、象徴的な意味を持つのかも知れない。

屋敷しもべ妖精の謎 投稿者:ケイゴさん
屋敷しもべ妖精って実はすごい魔力を秘めている、というケイゴさんの考察です。
  1. ホグワーツでは「姿くらまし術」はできないはず、それなのにドビーは「秘密の部屋」の医務室の場面でパチンという音とともに消えてしまいます(ひょっとして「透明術」かも。でも、ハリーにつかまれてるときに消えるので違うと思う。)。ホグワーツにかけられてる魔法を破ったのか?(だとしたらヴォルテモートより強い?)
     また、最初、ハリーの家にご主人様のこっそり来たというドビー。きっと「姿現し術」で来たのでしょう(飛んできたとは考えにくい。)。でも、ただでさい使わない魔法使いが多い難易度の高い術であるのに、マルフォイの屋敷からプリベット通りは結構距離があるでしょうから難易度はさらにUP(距離が離れるほど難しいとウィーズリー氏は説明しています。)なはず。さらに、マルフォイの屋敷とホグワーツ間の移動も「姿現し」の可能性が高い上、もっと距離が離れているかもしれません。
  2. キングスクロス駅9と3/4番線の入り口を封印しますが、これにも、それなりの(結構強い)魔力がいるでしょう。
  3. ブラッジャーにも魔法をかけますが、きちんと保管、管理されているはずのブラッジャーにどのようにし魔法をかけたのでしょう?しかも、もともとブラッジャーには結構強い呪文がかけられていると思われます。
  4. 「秘密の部屋」の最後の方でマルフォイ氏をふっとばし、指先を向けて脅ししまでかけています。しかも、(マルフォイ氏はドビーを蹴飛ばしたりしてますし「炎のゴブレット」のウィンキーの扱われ方からしても)マルフォイ氏はあそこでドビーに攻撃できたはず。きっとマルフォイ氏は、ドビーの方が強いと分かっていたのでは?ドビーも、その事を知っていたからこそ、それまであんなんだったのが急に「ハリー・ポッターに指一本でも触れてみろ」とまで言ったのでは?
  5. 「炎のゴブレット」でドビーはスネイプの研究室から「鰓昆布」を盗みます。しかし、ハリーが卵の謎を解くために監督生用の風呂に行った帰り道、階段で卵を落とし、フィルチとスネイプが駆けつけた場面を思い出してください。スネイプは、自分の研究室は呪文で封印してあるので魔法使い以外は入れない、と言っています。ならばドビーは入れないはず。ドビーはスネイプの呪文を破ったのか?
  6. 「秘密の部屋」でドビーはハリー宛のふくろう便をストップさせています。多くの魔法使いの重要な連絡手段であるからして、それは容易ではないはず(だいたいドビーはいつもマルフォイの屋敷にいるはず。)。
  7. しかも、ドビーはこれらを杖なしでやってのけている (「炎のゴブレット」の闇の印の場面で『ヒト以外は杖を 持ったり使ってはいけないことになっている』と説明されているし、実際ドビーは枕カバー一丁(?)で杖は持っていません。)のです。

ロンは屋敷しもべ妖精にもそれなりの魔力がある、と言っています。が、これらの事を考えると、その魔力はかなり強い(または、屋敷しもべ妖精が主人に対する仕事をスムーズに行うために、特別な力を持っているのでしょうか?)と(あくまでも個人的な推測ですが)思います。さらに「炎の…」の闇の印の場面のウィンキーに対する魔法省職員の態度などから、その事を知っている魔法使いは少ないのだと思います。(僕の考えが本当ならばですが。)あまり深く考えすぎるのも良くないとは思いますが、これはローリングさんの意図的な設定ではないでしょうか?ローリングさんはこれから先も屋敷しもべ妖精が重要な役割を果たすとも言っていますし。






参考サイト:MuggleNet / TLC





トップページへ

Copyrightc 2002-2003 madoita All rights reserved.
Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
当サイトに掲載されている記事・情報・画像など、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。