ハグリッドの森番小屋/ FACT&THEORY
ハグリッドの森番小屋へようこそ。ここは小説:ハリーポッターシリーズの一般情報や第6巻『ハリー・ポッターと混血の王子(仮)』の真実紹介したいと思います。ここに書いてあることは、管理人madoitaがメディアなどを通じて独自に調査した、JKR本人が話していた内容に加え、海外メディアの「真実」とされているシリーズの情報今後の展開を掲載しています(第6巻発売以前に集めた情報です)。


FACT(一般)
FACT(6巻)

FACT


本から分かる、シリーズの一般情報

  • ハリーのミドルネームは「ジェームス」。
  • ハグリッド、リリー、ジェームスはグリフィンドール出身(ハグリッドはハッフルパフの出身ではない)。
  • 結婚前のリリー名前はエヴァンス。
  • ホグワーツには約1000人の生徒がいる(ローリング氏がこのように証言)
  • ジェームス・ポッターはグリフィンドール・クィディッチチームのチェイサーだった。
  • ハーマイオニーの誕生日は9月19日、ロンは3月1日。
  • ジェームス・ポッターは多額のお金を相続していたが、給料のいい仕事についていたのでそのお金は必要なかった。
  • ジェームス・ポッターは透明マントを彼の父親から相続した。
  • 魔法使いと魔女はマグルより寿命が長い。
  • グリンコッツ銀行のゴブリンは銀行に入ってきたマグルのお金を流通に戻している。
  • ガリオンのおよその価値は約5ポンド(7ドル30セント、8ユーロ)。交換レートは変動する。
  • ダンブルドア校長は150歳、マクゴナガル先生は70歳。スネイプ先生は35歳か36歳。
  • とても幸福な人はゴーストにはならない。したがって、ゴーストになっている人は、悲しんだり怒ったりしている時に死んだ人たちといえる。マートルはからかわれていた、ほとんど首なしニックは頭を完全に切断されなかった 、血みどろ男爵は…孤独だった?
  • ホグワーツの先生はクリスマス休暇の間、ホグワーツにとどまらない。フィルチ、ハグリッド、ダンブルドア校長はとどまる。.
  • 岩の上の小屋内でハグリッドが作り出したダドリーの尻尾を取り除くために行ったのは開業医で、そこの従業員はとても「分別が」あり、「いぼ」は手におえない、と言った。
  • アラゴグはアクロマンチュラ。(『幻の動物とその生息地』参照)
  • アズカバンは北海の北の海の上にある。
  • 杖無しでも、焦点の合わない、抑制されていない魔法はかけられる(ハリーがマージおばさんを膨らませたときのように)。しかし、本当に良い魔法をかけるときには、杖が必要。


第6(・7巻)の真実

以下の情報はJKRのサイト、ファンによるチャット、個人のHPから得られた第6巻の真実をMuggleNet.comが発表したものの一部です。

<一般情報>
  • 発売日は2005年7月16日
  • US版(トレード版:672ページ、デラックス版:704ページ)UK版:608ページ
  • 発表されている章タイトル:第2章 Spinners End 第6章 Draco's Detour 第14章 Felix Felicis(JKRのHPにて発表されました。)
  • 第6巻からの抜粋もJKRのHPにて発表されています。
    (He) looked rather like an old lion.There were streaks of grey in his mane of tawny hair and his bushy eyebrows; he had keen yellowish eyes behind a pair of wire-rimmed spectacles and a certain rangy, loping grace even though he walked with a slight limp.
    むしろ(彼は)老いたライオンのように見えた。黄褐色の長い髪、ふさふさした眉毛には白髪が混じっていた;針金縁のめがねの奥には、鋭く黄色みがかった目、幾分やせ型の長身だった。少し足を引きずっているが、その軽やかな足取りは気品があった。〔注:この訳は当サイト管理人の個人的な訳です。
<その他の情報>
  • ヴォルデモートについてもっといろいろなことが分かるだろう。
  • ハリーは早い段階でプリベットドライブを出発するだろう。
  • 第1章で、ハリーの両親が殺された夜に何が起こったのか、さらに詳しいことが分かるだろう。
  • ハリーもヴォルデモートも『混血の王子』ではない。
  • 新しい魔法省大臣が決まるが、それはアーサー・ウィーズリーではない。
  • ハグリットの弟に起こることがわかるだろう。6巻で、この弟は今までより扱いやすくなるだろう。
  • ダーズリー家はまた登場する。しかし、ハリーの滞在期間は5巻の4週間よりさらに短くなるだろう。
  • チョウ・チャンはハリーにとってもはや興味の対象ではなくなる。しかし6巻ではちょっとしたロマンスがあるだろう。
  • 6巻と7巻で、なぜJKRが5巻でシリウスを殺したのかが分かるだろう。
  • 6巻と7巻で、なぜダンブルドアがスネイプを信頼しているかが分かるだろう。
  • ワームテールに何が起こるかが、分かるだろう。
  • シリウスとスネイプの間にある憎しみについて、6・7巻で明らかになるだろう。
  • 6・7巻でもハーマイオニーとドラコが仲良くなることはない。以下New!
  • ヴォルデモートがハリーを殺そうとしたとき、なぜ2人とも死ななかったのか、理由が明らかになるだろう。
  • 6・7巻で、ハリーのひたいの傷のことがもっと明らかになるだろう。
  • 嘆きのマートルが再び登場するだろう。
  • ヴォルデモートの誕生についてもっと詳しく分かるだろう。彼がなぜ悪の道に入ったかが、そこから分かるかも知れない。
  • 第6巻は魔法界で本当の戦争が勃発するだろう。
  • シリウスのオードバイに何かが起こるだろう。
  • ハリーの両親の職業が、今後のストーリーの大部分に関わってくるだろう。
  • リリー・ポッターについての何か“驚くべき”ことが明らかになるだろう。



参照サイト:Muggle Net





Copyrightc 2002-2005 madoita All rights reserved.
Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
当サイトに掲載されている記事・情報・画像など、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。