魔法大百科

ハリーポッターシリーズには摩訶不思議な生物がたくさん登場します。
かわいらしかったり、恐ろしかったり、奇怪だったり・・。ストーリーのエッセンスにもなっているこの魔法界の生き物について、いわれを調べてみるのも面白いかも。少しずつご紹介いたします。


賢者の石秘密の部屋アズカバンの囚人炎のゴブレット





賢者の石


禁じられた森 Forbidden Forest

紀元前1世紀、ユリウス・カエサルによると、ある恐ろしい森を行けども行けども60日たっても出口の気配すらなく、あげくどこまでも長くのたうつ奇怪な生物の群れに出くわした人々がいたそうです。古代ローマ人にとって開墾・耕作、都市建設は野蛮な自然文明に打ち勝った姿でした。景色は人の手が加わってはじめて美しくなるもの、自然のままではおよそ醜悪。この考え方は数世紀後のイギリスでも同じで、17世紀のある哲学者は「理にかない教養ある」都市の住民の対極に「道理がなく無教養な」森の住人をあげました。(いろいろな意味で森の生物であり、住まいも森に接しているハグリッドを同じ目で見るホグワーツ生も若干名います。)

ヨーロッパ中世から近代はじめにかけて、森はしばしば人名や法律をなんとも思わないぶれものや無法者の吹きだまりでした。お上に追われる身やうしろぐらい家業にとって、l深い深い森はまたとない隠れ家になったのです。つまりヴォルデモート卿が力を蓄えるまでしばし森に身をよせたのは、まことに伝統にかなった、ぴったりの選択だったのです。

三頭犬 Three-headed Dog

ホグワーツ校の賢者の石の番犬だった三頭犬フラッフィーの一番立派なご先祖様は、ギリシャ・ローマ神話で黄泉の門番をつとめたケルベロスです。古代ギリシャは、人は死ぬとその魂は地下の黄泉の国へ行くと信じられていました。ケルベロスはこの黄泉の国の番人として何人たりとも、一度この国の門をくぐったら逃げられないよう、しっかり見張ることでした。父親は全身をヘビにおおわれた火を吐く巨人、母親は生きた人間を貪り食う半人半蛇であり、人間を震え上がらせるなど朝飯前。

神話でケルベロスを何とかやりすごして地上に戻れたのはほんの数名程度です。眠り薬を仕込んだ蜂蜜菓子をやってすり抜けた妖精のプシケ、トロイアの英雄アイネイアス、そして楽人オルペウス。オルペウスは死んだ妻エウリディケを探して黄泉にのりこみ、竪琴で美しい調べをかなでたので、ケルベロスが目を閉じてうっとりし、通してもらえたということです。(音楽を聴くと眠ってしまうフラッフィーと大いに通じるものがありますね。)そしてかのヘラクレスが十二の難行のしめくくりに素手でケルベロスと対決し、つかの間とはいえこの獣を地上に引きずり上げたということです。

ふくろう Owl

ふくろうと魔法使いの歴史の中には、長い歴史があります。ご主人に忠実でするどい観察力があり、込み入った儀式や呪文を記憶する力で重宝がられていました。ヘドウィグの能力は、ふくろうは高い知能を備えているという古代ギリシアの信仰が根っこにあります。が、他の文化では夜行性、有能な狩人ということからか、ふくろうは死や闇の力と結びつくものとされてきました。またふくろうの体の一部を身につけると、特別強力な魔よけ兼お守りになると信じる文化もあるようです。セルブス・スネイプのような魔法薬の達人の手元にも、やっぱり置いてあるのでしょうか。

トロール Troll

トロールとは、寒い北欧のスカンジナビア半島に住む醜怪(しゅうかい)きわまる怪物です。邪悪で怒りっぽく、人肉が大好物、盗んだ宝に目がありません。体格は巨人なみ、桁外れの怪力で血のめぐりの悪さにかけては定評があります。ノルウェーやスウェーデンの神話には最も早くから登場しています。騒音が大嫌いで日光にあたると石に変わるか爆発することもあります。また、彼らの強欲な手は人間の宝だけではなく、子宝にものばされます。人間の子供をさらって自分達の子供とすり替え、人間として育てさせようとすることもあります。またトロールはあらゆるものに変身できるだけでなく、姿を消すこともできます。彼らとはちあわせた人は、幽閉されたり、奴隷にされたり、最悪の場合食べられたりします。





秘密の部屋


バジリスク Basilisk

バジリスクも実在の動物がもとになっています。エジプトのコブラ、致命的な毒蛇で鎌首をもたげたまま移動し、頭に王冠そっくりのしるしがあります。

バジリスクをはじめて伝えたのは1世紀のラテン語著述家大プリニウス。全長せいぜい40センチの子蛇だが猛毒をもち、原産地は北アフリカ。頭に冠状のしるしがあるため通称「蛇の王」(バジリスコスは「小さな王」というギリシャ語」)と呼ばれ、他の蛇と違いまっすぐ鎌首をもたげて迫ってくる、だた息を吹きかけるだけで離れたところにある茂みに火をつけ、岩をも割ってしまえるそうです。だた、いたちの悪臭か雄鶏のときの声にはひとたまりもありません。

中世の幻獣の本などには、バジリスクは蛇の胴体(ギリシア・ローマの言い伝えでは「頭からしっぽまで」ヘビ)に雄鶏の頭と翼、たまに雄鶏の脚がついた奇怪な化け物とされています。ヘビと鶏というありそうもない組み合わせが、バジリスクは山腹でヒキガエルが温めた雄鶏の卵からかえる、など誕生にまつわるさまざまなお話を生んだようです。

不死鳥 Phoenix

500年ごとに伝説的なこの鳥は火の中で燃え尽きて灰になり、その灰から新たに生まれ変わって出てくる、といわれています。
古代ギリシアとエジプト神話では、炎による輪廻転生は夜毎に「死んで」は世界を闇に陥れ、翌日によみがえる太陽の輪廻と結びついていました。中世にはキリスト教象徴主義に組み込まれ、今日では逆境の克服を意味するとされています。

ギリシャ・ローマの古典作家たちがいうには、不死鳥は世界にたった一羽だけアラビアに住み、すぐそばの冷たい井戸で朝ごとに水を浴びては美しい歌声を響かせるそうです。

ダンブルドアの不死鳥フォークスは、古典神話に出てくる伝説の鳥とほぼそっくりですが、同時に幾分中国の鳳凰に通じるところもあります。中国系は伝統的につめを剥き出し、羽を大きく広げて、バジリスクのようなヘビに襲いかかる姿で描かれるからです。

グールお化け Ghoul

ウィズリー家に住み着いているグールお化け。西洋の民話に出てきますが、グールお化けはもともとアラブ回教圏の生まれです。死んで間もない人間の死体をかぎまわって洞窟や荒野にも出没すると言われています(なぜウィズリー家に住み着いているのかなぞですね)。

グールお化けの姿形ははっきりしません。が、人目を引くものなら何にでも化けるそうです。らくだや馬、旅人、そして十八番は男をおびき寄せる美女にいたるまで。しかし、そんなグールお化けにもどうしてもごまかしきれない特徴があります。足です。どんな格好に化けようが、足元はヤギかラクダかロバのひづめなのです。でも確認しようと近づきすぎると、たちどころに八つ裂きにされて晩御飯になるのがオチです。逃れるチャンスはただ一つ。頭をねらって、ただ一撃で殺すことでしょう。





アズカバンの囚人


ヒッポグリフ Hippogriff

雄グリフィン(それ自体が鷲とライオンのハーフです)と雌馬の世にもまれな交配によって生まれたヒッポグリフは、8〜9世紀にかけてあまたの武勲をのちのちまで文学にうたわれたシャルルマーニュ大帝の騎士達が好んで乗ったといわれています。珍しいけれど実在の動物、という設定ですが1516年に生み出された架空の産物です。いかなる鳥より早く飛べるそのヒッポグリフは乗り手が地上に降りようと思えば、稲妻の速さで地面めがけてまっしぐら。地球の箸から端までやすやすと飛んでいく、けたはずれの能力をもっていたとされます。

まね妖怪 ボガート Boggart

ボガートは人を脅かすのが大好き。北イギリス民話でおなじみです。何にでも化けることができ、中には単なる意地悪できちんと片付いた家をめちゃくちゃにするやつもいます。いいつたえによれば、理由もなくドアが手荒に閉まったり、家中をなぞめいた音が響く時はこのおせっかいな化け物の一匹がうろついているそうです。

これに対し、イギリス民話にでてくるブラウニーはボガートよりはるかに気立てがいい縁続き、といわれています。住み着いた家を責任もってきりもりし、家の主に幸運をもたらす妖精。見返りに毎晩鉢一杯のミルクかクリームにそえて、ケーキ一切れがもらえることになっています。しかしいったんつむじを曲げると、ボガートとブラウニーの性格が交代しかねません。

死神犬グリム Grim

グリムはイギリス民話でも北欧民話でも、家に住みついた精霊一般をさす言葉で、大方の報告によるとグリムは住みついた教会墓地や墓地を絶対離れないそうです。(なので、ハリーの恐怖は多分的外れなのでしょう。)死者の魂を守る霊で、イギリスでは燃えさかる火の眼をした毛むくじゃらの大きな黒犬の姿をしています。イギリスの伝統では、教会グリムは悪魔や魔女から墓地を守る重責をになっています。

グリムは普段は見えませんが、嵐の間は教会墓地の周囲を吼えまわる姿が見られます。誰かが死ぬ前日の真夜中や埋葬のさいちゅうに教会の尖塔で番をする姿が見えるかも。グリムの出没いかんで、葬式をとりおこなう牧師は死者の魂が天国行きか地獄行きかわかるといいます。





炎のゴブレット

ヴィーラ Veela

東ヨーロッパのいいつたえでは、妖女ヴィーラは自由自在に姿を変え、森や湖や山、雲の中にいるといわれています。動物に化ける時は、白鳥、馬、はやぶさ、ヘビや狼に化けますが、一番誘われやすく危険なのが人に化けた時です。流れる髪とけぶるドレスの美少女となり夏至の月光をあびて踊ります。若い男性がとりこになったら最後、分別をなくして飲食はおろか眠ることも忘れ、何日もぼうっとしていることも珍しいことではありません。ヴィーラの踊りに出くわそうものなら、いやおうなく引き込まれ、精根尽きて死ぬまで踊らされます。ヴィーラが踊った後の草が踏み固められてできた“妖精の輪”に足を踏み入れたりしたら、災難や病気は間違いなしといわれています。

ただ、人間に癒しや助言の力を分けてくれるといういい面もあります。ただし、ものすごく短気で、嘘やごまかしは絶対許さず、おそろしい罰を与えるということです。


参考文献:「ハリーポッターの魔法界ガイド」他




Copyright© 2002-2003 madoita All rights reserved.
Reproduction in whole or in part without permission is prohibited.
当サイトに掲載されている記事・情報・画像など、全ての内容の無断転載・引用を禁止します。