管理人について


管理人
:madoita(まどいーた、と読みます・・)

身分:こども英語教室 講師

住まい:広島県

ニューヨーク:マンハッタンで数ヶ月レジデンス暮らしした経験あり。唯一土地かんのある外国の街。今すぐにでも行きたい!(madoitaアメリカ滞在記サイト http://englishlife.travel.coocan.jp/

ハリウッド映画:よく見に行きます。メグ・ライアンフリーク。ニューヨークが舞台の映画・ドラマははずせない!

毎日の必需品:おいしいコーヒー

星座:ふたご座。結構この星座、気に入ってます。

ハリーポッター歴:4年?(2005年3月現在。)

きっかけ:本(第1巻?)のブームがちょっと収まりかけた頃、雑誌ニューズウィークでJ.K.ローリング氏のインタビューを読んだこと。実はかなり長い間、ハリーポッターってそんなにすごいのかなぁ・・・ブームだけど・・・と書店で大量に平積みされた本をちらちらみつつも、様子をうかがっていたのだ。このローリング氏のインタビュー記事はとても印象に残った。

アズカバンの囚人:読み終わったのが夜中なのに、あまりのストーリー展開に本を閉じることができず、気が付いたら最後の何章かを読み返していた。この最後の何章かで、「本を読みながら心臓が高鳴る」という初めての経験をする。ほんとにドックンドックンいってた・・・。この本で「ハリーポッター教(?)」の信者となる。

ホームページ
:映画「賢者の石」を見た後、本を読み返したりして過ごすが、何かに押されるようにサイトを立ち上げる。まさかハリーポッターのサイトをたちあげるなんて、1年前には想像すらつかなかった・・。

炎のゴブレット:日本語版が待ちきれず、原書を先に読んだ第4巻。読むたびに手首に軽い筋肉痛を感じた(笑)。

一言:ハリーシリーズもいよいよ後半にさしかかってきました。夏には原書第6巻も発売になります。映画『炎のゴブレット』も順調に?進んでいるようですね。楽しみです。

2005年4月吉日 madoita



ハリーポッターでTVに出ました!
NHK BSプレミアム 熱中スタジアム
「ハリー・ポッターナイト」
2011年11月21日(月)19:00〜19:44 ハリーとその仲間たち編
2011年11月28日(月)19:00〜19:44 スネイプとその仲間たち編
放送されました!!

司会  中田敦彦(オリエンタルラジオ), 福田萌
出演  有村昆(映画評論家) セイン・カミュ 高橋愛

司会者に一番近い席でした。前編、後編ともにしっかりしゃべらせていただきました。
ど忘れしたときも、笑いを含み、上手にフォローしてくださった中田さん、ありがとうございました。
頭の良い方ですね。切れ者だとずっと感心しっぱなしでした。

後半の収録が始まる前に、ディレクターの方が司会の中田さんに、何かあったらまどかさんに聞いてください、と言われていたのを目の前で聞いてびっくり!そういう位置づけで扱われていたとは!

放送ではカットされていましたが、最後のまとめの部分で有村さんに、まどかさんと同意見、と言っていただけて、うれしかったです。
7時間ほどに及ぶ長時間収録でしたら、このような貴重な体験は人生でもなかなかできないと思います。
機会を与えてくださったNHKの方に感謝いたします。
一緒に出演した皆さんとも会えてたのしかったです。ありがとうございました。
また、いつかどこかで・・・。 (2013年、オフ会行けなくて残念でした!仕事+NYに行く直前でした。また誘ってくださいね。←2014年 加筆)

PS.ちなみにこの回の収録のみ、司会が中越典子さんが舞台でお休みで、急遽代役でこられたのが、なんと福田萌さん!
二人が近い未来に結婚されようとは!目撃できてラッキーでした^^お幸せに!

2012年7月30日 猛暑


2014年に思う

このサイトを立ち上げてから、約12年の月日が流れているのですね。

“人生に情熱ほど大切なものはないわ。”

この言葉を発したハリーポッター作者J.K.ローリング氏にしびれて?以来、物語には言葉では表せない、さらなるしびれを感じ続けた12年でした。

この間ハリー本の出版依頼や雑誌へサイトを紹介されました。そしてなんといってもNHKBSの番組にハリーポッターを語る、ということで出演依頼をされたことが、私のハリポタ歴最大の出来事だったように思います。

時は流れて、2014年。

本の全シリーズが終了し、映画も最終話まで完結しました。
ローリング氏のその後の情報がちらほら入ってくる中、世間ではハリーは忘れられているかのようだった矢先。
ユニバーサルスタジオがハリーポッターの世界を再現するというではありませんか!
まずはフロリダ。そしてこの夏、大阪。
そして人々の記憶の中に、ハリーは再登場することとなりました。

お帰り、ハリー。お帰り、ホグワーツ。お帰り、魔法界。

2014年 7月吉日



当サイト関連本&雑誌

別冊宝島:ハリーポッターPERFECT BOOK \1050 
7巻発売前に発売になった、ハリーポッターストーリーのすべてをイラスト入りでわかりやすくまとめ、今後のストーリーを予測したり、マニア向け?のクイズなども掲載。7人のポッタリアンの最終巻ストーリー予想のページではmadoitaとして希望ストーリーを掲載。その他、ポッタリアン向けクイズなど、他ページの構成にも協力しています。(右のリンクは文庫版)

雑誌:YAHOO!JAPAN  Internet Guide (2004.11月号) ¥790
p. 144〜145 ハリーポッター関連12サイトの内容紹介掲載。当サイトの呪文の語源や用途ページ、原書の読み方ページなど『マグルの部屋』をしっかり誉めてもらってます!(嬉)


本:マグルからハリー・ポッターと魔法の世界へ ローリングを愛する魔法の会 コアラブックス
本:マグル式大全 『ハリー・ポッター』の秘密の学校1年目2年目 ローリングを愛する魔法の会 コアラブックス
 この本は、『ハリー・ポッター』の秘密の学校(1年目)と当サイトも執筆している『ハリー・ポッター』と魔法の世界へ(2年目)を再構築したベスト版です。現在取り扱われているのは、こちらのベスト版のほう。
掲載内容:
p.342〜346 スネイプ先生はいい人?悪い人?/p.400〜402「本当の」ラストシーン(以上madoita執筆)
p.406〜420 当サイトの一部の情報をそのまま掲載!!“ハリー・ポッターをめぐるニュース!!”海外のハリポタ情報を翻訳し、いち早くお届けするページが丸ごと掲載されました。サイトの紹介もあり。
p.425〜426 サイト&アンケート いろいろなハリポタ関連質問に私が答えています。
      @nifty.comの前にmado614をつけて下さい^^